HOME > RM造(鉄筋コンクリート組積造)

RM造(鉄筋コンクリート組積造)

鉄筋コンクリート組積造ユニット(RMユニット)

次世代の地球環境に配慮し、国土交通省告示の「鉄筋コンクリート組積造」に対応した、高品質RMユニットです。

※施工例集などを取り扱っている季刊誌「RM造(鉄筋コンクリート組積造)MaP+P」こちら
施工における品質管理面、安全管理面からの悪い事例をまとめましたのでご覧ください。

特 徴

乾式施工 打ち込み目地工法の採用により、目地モルタルが不要となり、施工スピードのアップが図れます。
省人化施工 建築生産のシステム化を図り、省人化が可能。
環境にやさしい 壁型枠が不要となり、建築廃材を大幅にカットすることができます。
高耐久性 高強度ユニットが、打ち込みコンクリートを保護するシェル(殻)となるため、構造物の耐久性が向上します。

R M 建 築

鉄筋コンクリート組積造の告示公布

いよいよ「鉄筋コンクリート組積造」の世界が始まります。平成12年の建築基準法改定に伴い、国土交通省告示「鉄筋コンクリート組積造」が平成15年4月28日付で公布されました。

RMユニットは、1984年〜1990年の産学官一体となった「日米共同研究」の時から研究に参加し、開発・改良を進めてきた製品です。

「鉄筋コンクリート組積造」(RM造)関連の告示(PDFファイル) 平成15年4月28日付 号外第93号 11〜14ページ
国土交通省告示第461号 平成12年建設省告示第1446号の改正
(セラミックメーソンリーユニットの指定建築材料)
国土交通省告示第462号 平成13年国土交通省告示第1024号の改正
(組積体の許容応力度/材料強度)
国土交通省告示第463号 平成15年国土交通省告示第463号の制定
(鉄筋コンクリート組積造の構造方法の告示)

RM耐震改修・補強(RM造耐震補強構法)

RMユニットを使った耐震改修や補強では従来工法に比べてたくさんのメリットがあります。

HRM構工法のメリットと実施例

RCと同等の耐久力 RC造の耐震壁と同等の耐力が確保できます。
優れた耐火・耐久性能 高強度のRMユニットを使用することで耐久性耐火性に優れます。
フレキシブルな設計対応 充填材(グラウト材)の選定で、必要に応じた構造設計が可能。
工期短縮 RMユニットが型枠なので、脱型作業がなく工期が短縮できます。
狭小地施工 人力で組積していくので、狭小スペースでの施工が可能です。
大型重機不要 RMユニットは人力で運搬できるので、大型重機が不要です。
無騒音 組積時の騒音がほとんど無く、建物を使用しながらの補強が可能です。

様々な建物で有効!

学校・病院・老人ホーム・テナントビル共同住宅のピロティ部など。
建物を使用しながらの耐震補強工事が可能です。

こんな時にHRM構工法が有効です!!

入居中のテナントビルや工事中の移転。業務停止が困難な建物に耐震補強したい。 足場の設置が困難な建物に耐震補強したい。
狭小スペースに耐震補強したい。 窓や出入り口などの開口部分を設けて耐震補強したい。

HRM擁壁・RM造自立塀

RM造は構造計算などの確認により,安全に擁壁や控え壁の無い自立塀を築造することができます。
※この度、HRM擁壁I型(大地震対応型)は、国土交通大臣認定擁壁として認定されました。

ページトップへ